top of page

年末のクライアント訪問する際のビジネスマナーについて 株式会社アークステップ


年末になると取引先などに挨拶回りをする会社が多くなります!

本年度の感謝の気持ちや翌年も引き続きお願いしますという想いを伝えるためにも、とても大切であり、特に人材に関わるサービスの場合挨拶訪問などは必須な気もします( ・∇・)


皆さんは年末の挨拶回りをする際に、何か手土産を持って行ったりしていますか?

手土産がないと気まずいなどあったりしないでしょうか?d( ̄  ̄)


マナーなどを考えながら今回はブログにて書いていきます!




 

年末の挨拶の目的は?


エレベーターを待つ女


“一年間の感謝”と“来年も変わらぬお付き合いを”という意で挨拶に出向くのが一般的みたいですね!

次年度の商談などに活かせるように相手先の課題感のヒアリングを行なったり、新しい企画の商談にその場でなったり? 通例としてノベルティを配って回る会社もあるみたいです!(ノベルティの中ではカレンダーが多そうですね)










 

年末年始に先方へ訪問するときのマナー




時間を確認する男


年末年始にクライアント先へ訪問するときのマナーをまとめました!




時期について

年末の挨拶回りは、年末年始の休暇に入る1週間ほど前が一般的な時期みたいですね!

もちろん業種によっては年末のギリギリまで営業している会社もあるので1週間前というのは参考程度にしましょう。




時間はどれくらい?

年末年始の挨拶が目的ですから、滞在時間は5~15分程度にするのがマナーです。

手短に済ませるのが良さそうです!




挨拶の内容

テンプレートのような、かしこまった挨拶をする必要ないと思います^ ^

かえってよそよそしく感じられてしまうこともあるので今年の思い出などを織り交ぜながら、感謝の気持ちを伝えましょう! 

※私も雑談程度で話せると嬉しいです笑



訪問後にお礼のメールを送る

当日中に時間をとってもらったことに対するお礼を送るといいかもしれません!

当日中にメールができない場合は翌日に送ります。

間隔があかないように、なるべく早いタイミングで送るようにしましょう!





まとめ


人材系サービスを行っている会社ではちょっとした挨拶、気遣いはとても大切に感じます。

クライアントとの信頼関係を築くためにも

思いやりを忘れずに営業活動を行うことで自分のスキルや売上UPが見込めるはずなので、引き続き私も営業活動を頑張っていきます٩( ᐛ )و



クライアントへの手土産(カレンダー)


年末のお礼の文章



















閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page