top of page

MBTIタイプとその特徴は?


お疲れ様です。

本日は「MBTIタイプ」について記事になります。


皆さんはMBTIってご存知でしょうか?


MBTIとは


MBTI

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、性格を16の異なるタイプに分類する性格診断ツールのことです。

診断ツールは、自己理解から人間関係の構築、さらにはキャリア選択に至るまで多くの場面で活用されているみたいです。


MBTIは、アメリカで開発された性格診断ツールであり、心理学者カール・ユングの理論を基盤としています。

この診断は、約90問の質問に回答することで、16の性格タイプに分類されるのです。

各性格タイプは、4つの主要な要素(エネルギーの方向、認識機能、判断機能、生活様式)に基づいています。


これらの要素は、それぞれ2つの対立する特徴(例:外向性と内向性)を持ち、その組み合わせによって16の異なる性格タイプが形成されます。この診断ツールは非常に精度が高く、多くの専門家や一般人によって信頼されています。




日本人に多いMBTIタイプとその特性

悩む


MBTIは、性格を16種類に分類する心理学的なテストであり、日本でも多くの場面で活用されています。

特に、自己理解やコミュニケーションの向上、適職選びにも役立つとされています。


ISTJ管理者

責任感が強く、計画的な行動が特徴です。


日本の企業文化や社会構造と非常に相性が良いとされています。

ISFJ擁護者

他人の気持ちを理解し、協力的な姿勢を持つ方々が多いです。


日本の「和」を重んじる文化に適応しています。

INTJ建築家

独自の視点やアイデアを持ち、それを形にする能力があります。


日本の科学技術やアートの分野で活躍しています。

以上のように、日本人に多いMBTIタイプは、日本の文化や社会に大きな影響を与えています。


就職活動・会社でのMBTI活用法

MBTIは、自己分析とキャリア形成に役立つ非常に効果的なツールです。就職活動中には、多くの選択肢から自分に合っている仕事を見つける必要があります。


MBTIを活用することで、自分がどのような業界や職種で最も活躍できる可能性が高いのか、またどのような職場環境が自分に適しているのかを明らかにできます。

例えば、”INTJ”タイプの方は研究職やプログラマー、戦略コンサルタントなどが適しています。一方で、”ESFJ”タイプの方は、カスタマーサービスや教育、看護などが理想的です。


日本で最も多いとされるMBTIタイプは”INFP(仲介者)”です。このタイプの方は、思いやり、創造性、理想主義で知られています。


適職としては、心理カウンセラー、コンテンツクリエーター、図書館員などが挙げられます。

また、”ISTP(巨匠)”タイプの方にはシステムエンジニア、機械技術者、データサイエンティストなどが適しています。


成功事例としては、”ENTJ(指揮官)”タイプの方がプロジェクトマネージャーやビジネスアナリストで成功を収めているケースが多く報告されています。


MBTI性格診断は、自己理解とキャリア選択において非常に有用なツールです。是非とも活用して、自分に最適なキャリアパスを見つけて見てください!!




まとめ


  • MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、性格を16の異なるタイプに分類する性格診断ツールとして、特にZ世代を中心に日本で急速に人気を集めている

  • 日本人に多く見いMBTIタイプは、「ISTJ」、「ISFJ」、そして「INTJ」

  • MBTI診断のメリットは、多くの面で有用性が高く、特に人間関係の構築や自己理解に役立つ



MBTIとは


MBTI診断ツール


自分に合った仕事を探す

閲覧数:44回

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page